2020年02月09日

虹がかかりました。

本日の天気は、雨が降ったり雨晴れたり晴れと変な天気でした。

っがexclamation
そんな天気の日には。。。。。がぁぁぁぁぁぴかぴか(新しい)
s-IMG_2897.jpg
珍しく、低いアーチをした虹でしたが、すごくキレイでしたかわいい
みなさんは見られました?
posted by 管理人 at 16:55| Comment(0) | 日記

冬の里山観察会〜カエルの卵編〜

2月8日(土)、おなじみのNPO法人グリーンシティ福岡さんが講師の『冬の里山観察会』を開催しました。

今年も、公園内の水辺に産み落とされた二ホンアカガエルの卵を観察しますひらめき

まずは、グリーンシティ福岡の志賀さんより観察会についての説明や二ホンアカガエルのことについての話しがありました。
二ホンアカガエルは、普段、山手に住んでいるのですが、産卵時期になると雨が降った後に、水辺のところまで来て、卵を産み落とすのだそうです。
福岡県では、このニホンアカガエルは絶滅危惧U類(絶滅の危機が増大している種)に分類されている、貴重な種類のカエルとのことです。
IMG_2833.jpg IMG_2835.jpg

IMG_2837.jpg IMG_2838.jpg
※かなたけの里公園では湿地の保全などをして、希少なカエルの生息環境を守るための取組みを行っています。

お話しが終わったら、いよいよ二ホンアカガエルの卵のある水辺へレッツ・ゴーグッド(上向き矢印)exclamation
卵がどれくらいあるのかドキドキ・ワクワクですねるんるん

第1駐車場横にある湿地に到着ですわーい(嬉しい顔)
IMG_2842.jpg IMG_2844.jpg

みんなでどこに卵があるのか探していきます。
IMG_2846.jpg

『っあ!あそこにあった〜exclamation×2』と指をさして二ホンアカガエルの卵を見つけて、観察しています。
IMG_2853.jpg

IMG_2850.jpg

今回初の試みとして、ニホンアカガエルの卵一塊は何個の卵があるのかexclamation&question
ということで、一塊だけ公園事務所へ持ち帰り、みんなで卵の数を数えることにしました(大変そうですふらふら)。
IMG_2856.jpg IMG_2858.jpg

その前にもう一ヶ所、二ホンアカガエルの卵を見に行きます。
IMG_2866.jpg

ここでは、さっきよりも間近で卵を見ることができ、お母さん方からは、『まるでタピオカみたい』との声も聴かれました。
そしてよくよく卵を観察すると、すでにオタマジャクシにかえっているのが何匹かいますexclamation
小さな小さなオタマジャクシが水の中を泳いでいますぴかぴか(新しい)
IMG_2874.jpg

現地での観察から管理等へ戻って、お待ちかね(笑)のアカガエルの卵の数を数えていきます。
8つ程に分けて、参加者のみなさんで数えてもらいました。
IMG_2883.jpg IMG_2878.jpg
割りばしを使いながら、家族で一生懸命数えていきます。

数え終えたら、それぞれいくつぐらいあったのか発表していきます。
中には200個近く数えたところもありました。
全部足すと1,000個近くありましたexclamation×2
IMG_2884.jpg IMG_2888.jpg
みなさん本当にお疲れさまでしたわーい(嬉しい顔)

みんなで卵の数を確認したところで、アカガエルについての質疑応答を行ったり、電子顕微鏡で卵を観察したりしましたかわいい
電子顕微鏡により、大きな画面に映し出された卵をみなさんまじまじと見ています。
すでに、細胞分裂が始まっていて、これからどんどんオタマジャクシへとなっていくのだそうです。
IMG_2890.jpg IMG_2893.jpg

最後は、観察会についてのアンケートにご協力いただきました。
IMG_2894.jpg

みなさん、観察会はいかがだったでしょうか。
かなたけの里公園ではこの貴重な種類の生き物をはじめ、様々な生き物が生息しているので、一緒に守っていただけると嬉しいですかわいい
posted by 管理人 at 16:40| Comment(0) | 日記