2017年01月22日

ソバ打ち体験しました!!(ソバづくり体験最終日)

8月下旬から始まったソバづくり体験もついに最終回を迎えました。
最終回は、いよいよ自分たちで育てたソバでのソバ打ち体験です。

夏の暑い中や残暑の厳しい季節に播種や草取り、
そして昔ながらの方法で行った収穫、選別、製粉を経て
自分たちで育てたソバを存分に味わうことができました。

今年も、毎年お世話になっているソバ打ち職人の庄島先生に
ソバの打ち方を教えていただきました。

まずは、先生のお手本をみなさんと見学します。
今年の里公園のソバ粉は手ごわいものだったため、
ソバ打ちの工程を丁寧に教えていただきながら、
先生の華麗な手さばきで工程が進められました。
皆さん熱心に聞かれていたり、質問されていました。
160903P1211846.jpg 160903P1211881.jpg

これからいよいよみなさんがソバ打ちを始めます。
ソバ打ちは、水回し、まとめ・こね・延し、たたみ・切りの順番で進めていきます。

ソバの材料は、ソバ粉:小麦粉(中力粉)を6:4の比率でブレンドします。
ソバも麦も公園で栽培したもので、公園産穀物100%のソバが出来上がります。
160903P1211883.jpg 160903P1211901.jpg

160903P1211919.jpg 160903P1211928.jpg

IMG_3529.jpg IMG_3535.jpg

昨年に引き続き、今回もソバは2回打ちます。
1回目は練習用+試食用。
2回目は1回目の反省を活かした本番で、おみやげに持ち帰っていただきます。

試食では、大根おろしに先生お手製のつゆをソバにぶっかけていただきました。
そして、公園産のハクサイ、ダイコンのお漬物に、
里公園産の味噌と里イモを使ったお味噌汁をお供においしくいただきました。
160903P1211924.jpg 160903P1211926.jpg

みなさん、本当にお疲れ様でした。
また、ソバ打ちの講師をしていただきました庄島先生ありがとうございました。
今後も、かなたけの里公園をよろしくお願いします。

−−−− 参加者アンケートより −−−−
・思っていたよりもソバの成長が早かった。
・見るとするでは大違いでした。
・口に入るまでに色々な手間がかかっていることを再確認しました。
・脱穀したり粉にしたり、昔話に出てくる様な道具が印象に残っています。
・ソバ一杯に相当の労力を費やしているので、大切に残さず食べてしまいたい。
・ソバ打ち体験が楽しかった。二度目はうまくいきました。
 粉にもソバにも優しく優しく接したらうまくいきそうです。

・ソバのはっぱがおいしかった。(お子様)
・ソバの実を収穫した時が一番の思い出です。(お子様)

posted by 管理人 at 16:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: