2017年10月28日

お米づくり体験で脱穀をしました!

先週、10月21日(土)にお米づくり体験があり、刈った稲の脱穀と選別作業を行いました。
このところ週末は、天気の悪い日が多かったのですが、この日は何とか曇り空の中での作業となりました。
最初は、田んぼの畦に植えていた豆の収穫です。
PA212102.jpg PA212104.jpg

収穫していたら、大きなムカデに遭遇ですあせあせ(飛び散る汗)どんっ(衝撃)
PA212105.jpg
刺されてしまうと大変なことになるので、このとき、参加者のみなさんが刺されなくて本当によかったです。

PA212106.jpg
収穫した枝豆は、この後、お昼にみんなで試食します。
枝豆の収穫が終わったら、お米の脱穀&選別のために場所を移動します。
いつもなら、田んぼの横で脱穀などの作業を行うのですが、この日は前日まで小雨の予報だったので、雨でも作業ができるように屋根があるところにしました。

田育の会から実演を交えながら脱穀の仕方の説明があった後、作業開始ですexclamation
足踏み脱穀機を使って稲穂から籾(もみ)をとったら、籾(もみ)をふるいにかけ、あらごみを取り除いていきます。
PA212107.jpg PA212108.jpg 
PA212109.jpg PA212115.jpg

次に唐箕を使って風をおこし、軽い籾(もみ)や藁屑(わらくず)を吹き飛ばして選別していきます。
PA212119.jpg

そして、今年はその横でコンバイン機を使用しての脱穀&選別を行いました。このコンバイン機には、みなさん興味津々でした。
PA212111.jpg PA212125.jpg
途中、稲が機械に引っかかると中をあけて詰まった稲をとり出します。
中を見ると、足踏み脱穀機と仕組みは変わらないことがわかりました。本当に、人力か機械かの違いだけです。
PA212118.jpg

人力での作業分担と機械での作業により、お昼ごはん前に一気に作業を終えることができました。
作業後、最初に脱穀した籾(もみ)13kgを精米した新米のお昼ごはんでするんるん
実は、この新米の中に公園でつくられた小麦が混ざっていたようで(どうも機械の中に公園の麦づくり体験で脱穀した麦が残っていたみたいで・・・)、普段みる麦ごはんとは違う麦ごはんでお昼をいただくことになりました。

まずは、炊き上がりの記念撮影ですカメラ
PA212129.jpg

記念撮影が終わったら、みんなで新米をおいしくいただきますぴかぴか(新しい)
お皿につがれたごはんはピカピカぴかぴか(新しい)に光っていて、小麦入りでもおいしかったです手(チョキ)
PA212133.jpg PA212134.jpg

お昼ごはんの後は、片付けです。
雨が降り始めたので、最初は様子を見ながら、小雨になったころ後片付けにとりかかりました。稲ワラをワラ紐などでまとめていき、雨に濡れないように屋根のあるところに入れていきます。
全ての作業終了が15時と予定の時間での終了となりました。
みなさま長時間本当にお疲れ様でした。
また、天候による日程の変更などもありましたが、たくさんご参加いただき本当にありがとうございました。

次回は11月4日(土)、レンゲの種まきとお米の分配を行いますので、よろしくお願い致します。
posted by 管理人 at 21:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: