2019年07月30日

7/27・28 麦づくりの4回目と合同うどん打ち体験を行いました。

昨年に引き続き、今年も麦づくり体験から参加している皆さんと、うどん打ち体験への参加の皆さんと一緒に、7月27日(土)・28日(日)の2日間うどん打ちの体験をしました。

うどん打ちの先生は、おなじみのソバづくり体験(ソバ打ち)でお世話になっている庄島先生(福岡手打ちそばの会の師範)ですぴかぴか(新しい)
IMG_0967.jpg

麦づくり体験から参加されている皆さんによって、暑い中での麦刈から脱穀・唐箕かけを行った麦を製粉した純公園産の小麦粉(中力粉)を使ったうどん打ちですグッド(上向き矢印)るんるん
庄島先生曰く、今年の麦は出来がよかったようで、うどん打ち用と打ち粉の小麦粉は100%公園でできた小麦粉を使用していますひらめき

うどん打ち体験では、親子や3世代でご参加いただき、皆さんご家族で楽しそうに一生懸命作られていましたわーい(嬉しい顔)

先ずは、小麦粉をこねるところからはじまり、団子にならないように食塩水を2〜3回に分けて入れ、段々と一つの塊にしていきました。
IMG_0971.jpg IMG_0973.jpg
IMG_1037.jpg IMG_1041.jpg

次に丸めたうどん生地を袋に入れて、新聞紙にはさみ、上から足踏みをします。何回か踏んだ生地を丸めて袋に入れて日当たりのよい場所において30分程寝かせます。
IMG_0993.jpg IMG_0994.jpg
IMG_1003.jpg

その間に、持ち帰り用のうどんを打ちます。
30分程たったら、1回目に打ったうどん生地をまな板の上において広げていきます。
棒を使って四角に伸ばしていき、最終的には3mmの厚さまで伸ばします。
IMG_1008.jpg IMG_1004.jpg
IMG_1006.jpg IMG_1020.jpg

伸ばしたら、敷布団をたとむように、生地を折り重ねていきます。

ここまできたらあとは専用の包丁を使って切っていきます。
IMG_1014.jpg IMG_1015.jpg

最後は、自分が打ったうどんをゆでて味わいますわーい(嬉しい顔)
IMG_1017.jpg IMG_1018.jpg
IMG_1021.jpg IMG_1032.jpg

湯がいたうどんにかつお節・シソ・ゴマ・ネギ・大根おろしをお好みで入れ、つゆをかけます。
そして、特別に公園で栽培している夏野菜の天ぷら付き。
ナスの天ぷらやタマネギのかき揚げ、カボチャにゴーヤの天ぷら。そしてキュウリのビール漬けはサービスですひらめき
IMG_1024.jpg IMG_1027.jpg
IMG_1031.jpg

皆さん、うどんのお味はいかがだったでしょうか。
麦づくりからご参加いただいた皆さま、収穫から脱穀、うどん打ちまで本当にお疲れ様でした。また、うどん打ち体験ご参加の皆さまもお疲れ様でした。

posted by 管理人 at 18:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: