2014年04月02日

かなたけ写真コンテスト 冬の部 審査結果発表 その2

かなたけ写真コンテスト 冬の部 の審査会を

3月28日に行いました。(撮影&応募12月1日〜2月28日)

たくさんのご応募、ありがとうございました。


過去最多の応募かつ、今回も力作揃い。

写真と込められた撮影者の想いを熟考し、

協議の結果、大賞1点、副賞3点、特別賞3点、むかし賞1点として、

8作品が選ばれました。

今日はそのうち、公園賞、地域賞、アルバス賞、昔の写真賞をご紹介します。



【 公園賞 】

 タイトル    天まで届け
 場  所    かなたけの里公園
 撮 影 日    2014 年 1 月 11 日

** 作品への想い **
今年一年の無病息災を祈るほうけんぎょう。
こどもたちが輪を作り天にお祈りしているところを撮影しました。

冬の部001(公園賞).jpg

〇講評〇
「ほうけんぎょう」の点火前に行われる、櫓を地域の子どもたちが囲み、
一年の健康をお祈りする風景。本作品は、かなたけの里公園が、「地域連携」
や「教育」といった役割を担っていることを改めて感じさせてくれます。
子どもたちに「これからもいつでも遊びにきて、良い思い出を作っていって
下さい。」と伝えたくなる一枚です。
                                         (かなたけの里公園)

                         賞品:かなたけの里公園バーベキューセット無料レンタルチケット



【 地域賞 】

 タイトル    大人になっても。。。
 場  所    飯盛神社
 撮 影 日    2014 年 1 月 12 日

** 作品への想い **
成人式を終えた頃、友人通しが自画撮りを楽しんでいました。
いつまでも「娘」の印象が私を和ませました。

冬の部017(自治協議会長・公民館長賞).jpg

〇講評〇
飯盛神社の年中行事で、社会人としての出で立ちを祝福する「加冠の儀」
を終えた娘さんとそのお友達の晴れやかな様子が伝わる作品です。
神社の中で携帯電話を使い自画撮りという、歴史の対比やライフスタイル
の変化をとても楽しげに表現されています。
                                 (金武校区自治協議会長・金武公民館長)

                          賞品:金武のおいしい作物(現在調整中です)
 


【 アルバス賞 】

 タイトル    冬の空
 場  所    かなたけの里公園
 撮 影 日    2013 年 12 月 10 日

** 作品への想い **
大地に立ち、大自然の雄大さを感じ、心地よい時間が流れ、その中で私は生きている。

冬の部022(アルバス賞).jpg

〇講評〇
コメントを読んで写真を見ると、撮影者の気持ちの深さと写真で
表現された不思議な印象とのギャップに思わず笑みがこぼれました。
日々言葉に出せないけど強く思っていることが写真になったとき、
こんなにも滑稽で面白い表現に変化するなんて。いわゆる上手、
という枠を超えた魅力を感じました。
                                         (albus 酒井咲帆)

                         賞品:albusスタジオ撮影券(スタジオ撮影+1カットデータ+台紙)
 


【 昔の写真賞 】

 タイトル    背振を望む
 場  所    金武小学校付近
 撮 影 日    1958 年 1 月 4 日

** 作品への想い **
金武小学校横より背振を望む。竹藪は都地の墓。
今は大森先生、清水さんの家が建っている。
上はブドウ園です。

冬の部042(昔の写真賞).jpg

〇審査員講評〇
昔の金武を知っている地域の皆さんにはとても懐かしく、思い出深い一枚です。
圃場整備される前の田畑や背景の脊振山には毎年のように雪が降り積もり、
子供のころから手伝った農作業の大変さや、その中でドジョウやゲンゴロウなど
を採って学んでいた当時の様子を思い出させてくれます。今となっては見ること
のできなくなった風景ですが、是非記録に残していきたい昔の写真です。
ご応募まことにありがとうございました。
                                         (審査会)

                         賞品:公園産タケノコ5kg
 


賞品プレゼントの受け渡しに関しましては、後日別途ご連絡いたします。


受賞者のみなさん、おめでとうございますぴかぴか(新しい)



posted by 管理人 at 13:57| Comment(0) | 写真コンテスト入賞作品

2014年03月31日

かなたけ写真コンテスト 冬の部 審査結果発表

かなたけ写真コンテスト 冬の部 の審査会を

3月28日に行いました。(撮影&応募12月1日〜2月28日)

たくさんのご応募、ありがとうございました。


過去最多の応募かつ、今回も力作揃い。

写真と込められた撮影者の想いを熟考し、

協議の結果、大賞1点、副賞3点、特別賞3点、むかし賞1点として、

8作品が選ばれました。

今日はそのうち、大賞と副賞をご紹介します。



【 大 賞 】

 タイトル    収穫の喜び。
 場  所    かなたけの里公園
 撮 影 日    2014 年 12 月 7 日

** 作品への想い **
自分の頭より大きい白菜を担ぎあげて喜ぶ娘と、
冬の農園の光を一緒に写しました。

009(大賞).jpg

〇審査員講評〇
かなたけの里公園で体験できる野菜づくり(農業体験農園)の楽しさが伝わる作品。
農体験が、家族の憩いや食育、作物を育てる喜びへとつながることを教えてくれます。
背景の生き生きとした冬野菜を印象的に構図として捉え、また、白菜が擬人化し、
物思いにふけっているようにも見える面白さもある一枚です。
                                         (審査会)

                         賞品:職人の竹籠・公園のおまけ付



【 副 賞 】

 タイトル    地域の輪
 場  所    かなたけの里公園
 撮 影 日    2014 年 1 月 11 日

** 作品への想い **
とってものどかな場所で、すがすがしい気持ちで見学させて頂きました。
金武地域の方々の、この行事に対する地域の輪を感じました。
また、地域の方々の強い絆と温かな人情に触れることが出来、
感謝を込めて写真を撮らせてもらいました。

002(副賞1).JPG

〇審査員講評〇
「ほうけんぎょう」の荒々しい炎と周囲の地域の眼差しが、
金武の伝統や絆を感じさせてくれます。
一年の始まりの時期に催される「ほうけんぎょう」の中で、
作品のタイトルでもある「地域の輪」を毎年住民の方々が確認し合い、強めていく、
地域の発展を期待させてくれる作品です。
                                         (審査会)

                         賞品:公園産タケノコ5kg
 


【 副 賞 】

 タイトル    雪のなかの里いも掘り
 場  所    かなたけの里公園
 撮 影 日    2013 年 12 月 28 日

** 作品への想い **
雪の寒い中、偶然でくわした里公園での里いも掘りの一コマです。
今夜の夕食は里いもの煮っこらがしを思えば、
体も心も暖まりそうです。

006(副賞2).jpg

〇審査員講評〇
一見「こんな寒い日に。」と思える風景ですが、
お正月に備え、冬の雪が舞う中で里芋掘りを行うことは、
金武の暮らしとしては日常的なことなのかもしれません。
本作品では、かなたけの里公園だから味わうことのできる、
雪の中での農体験を通して、昔ながらの農の厳しさや
仲間との喜びを感じとることが出来ます。
                                         (審査会)

                         賞品:公園産タケノコ5kg
 


【 副 賞 】

 タイトル    恵方詣り、今年も良い年でありますように。
 場  所    飯盛神社
 撮 影 日    2014 年 1 月 1 日

** 作品への想い **
農耕守護神として崇められて来た飯盛神社。
昔は初詣にこんなに多かったかな?
でも、こんな風景が見れるこの場所は穏やかで平和なところなのかも。
今年もみなさまが良い年でありますように。

003(副賞3).JPG

〇審査員講評〇
飯盛神社のお正月の風物詩となった参拝行列の様子が、
神社の神聖な静けさと人々の動きをモノクロで印象的に表現されています。
金武やその周辺地域が福岡市の郊外として発展し、
年々飯盛神社の参拝者も増える中で、
今後もさらに地域の歴史を大切に守っていきたいと願いたくなる作品です。
                                         (審査会)

                         賞品:公園産タケノコ5kg
 


賞品プレゼントの受け渡しに関しましては、後日別途ご連絡いたします。


受賞者のみなさん、おめでとうございますぴかぴか(新しい)




posted by 管理人 at 17:55| Comment(0) | 写真コンテスト入賞作品

2014年01月03日

12月29日〜1月3日は休園日&かなたけ写真コンテスト秋の部結果発表

かなたけの里公園は12月29日〜1月3日の期間中休園日となっています。

さて、休園日の期間中に、現在通年で行っている、

かなたけ写真コンテスト秋の部の審査結果をお伝えしたいと思います。

今回も多数のご応募まことにありがとうございました。

また、現在冬の部を募集・受付中ですので、皆様是非お気軽にご参加ください。

本日は最後の賞で「アルバス賞」の発表です。
アルバスさんは本写真コンテストの企画や審査、公園での写真教室などでご協力いただいています。
ご飯も食べれるまちの「写真屋」さんで、様々なおもしろい取組をされています。
http://www.albus.in/

--------------------------------------------------------

<かなたけ写真コンテスト 秋の部 アルバス賞>

作品名:自宅より飯盛山及び妙見神社を望む

場所:金武西山地区

撮影日:2013 年 11 月 30 日

作品への想い:
朝食後、妻の一声でのシャッターチャンスでした。
朝日に映える飯盛山と、右下の幟旗は昨夜の妙見神社
「神待ち」神事の名残りです。

021アルバス賞.JPG

albus酒井咲帆さんからのコメント:
「妻の一声で...」と朝焼けの写真を撮りに出掛けた作者。
夫婦の仲の良さと、毎日同じ風景を見ていても、その日だけの
美しさに感動できる心をお持ちなんだなぁと羨ましく思えた作品です。
もう少し引きの構図で、朝焼けが光り輝くように周辺の露出を
敢えて落とし、飯盛山が神々しく照らされる様子が表現できれば
作者の心境に最も近づけたのではないかと思います。
次回の作品も楽しみにしています。

秋の部アルバス賞賞品:albusスタジオ撮影券(スタジオ撮影+1カットデータ+台紙)

作者の方には年明けに別途ご連絡させていただきます。

アルバス賞受賞おめでとうございます!

--------------------------------------------------------

明日から公園は通常通りスタートしますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 管理人 at 12:00| Comment(0) | 写真コンテスト入賞作品